Astm A312 Aisi 4130のヨーロッパSs 304の継ぎ目が無い管の904lステンレス鋼の継ぎ目が無い管

起源の場所 江蘇、中国
証明 ISO9001, CE
最小注文数量 1 PCS
受渡し時間 7~10working幾日
支払条件 L/C、T/T
供給の能力 5000のトン/トン每の 月
商品の詳細
製品名 ステンレス鋼の円形の管 技術 冷間圧延される、つや出し
タイプ 継ぎ目が無い管(SMLS) 表面 No.1,2D、2B、BA、No.4,8k、テンパー
ハイライト

aisi 4130の継ぎ目が無い管

,

astm a312の継ぎ目が無い管

,

ss304継ぎ目が無い管

メッセージ
製品の説明

等級304 SMLSのステンレス鋼の継ぎ目が無い管

304 (1.4301)/304L (1.4307)/304H (1.4948) SEAMLESS&WELDED管

 

ステンレス鋼の等級304は標準的な18/8の(18%のクロム、8%のニッケル)オーステナイトのステンレス鋼である。それはアニールされた状態の非磁気合金であるが、冷たい働いた磁気である、なる。それは最も通常すべてのステンレス製の等級の利用されるである。T304は楽に溶接することができ、高い延性による多くの深い引き分けの、回されたか、または形作られた部品のための優先する。

 

ステンレス鋼の等級304Lに1650°Fの最高温度への酸化抵抗がある(899°C)かなりのスケーリングなしで連続的。断続的な提示のための最高温度は1500°F (816°C)である。304Lは304の付加的な低炭素の変化であるので厳しい腐食性の状態の「ように溶接された」状態で圧力救助を示す適用を除いて頻繁に(アニーリングなしで)、利用することができる。304Lによいが溶接することができる質をあり、すべての標準的な作戦によって溶接する;但し溶接「熱い割れること」からの戦略的な間隔を維持するために、考察は支払われるべきである。厳しい形作るか、または回転溶接の間に圧力を取り除くことは焼きなましに先行させることができる。

 

ステンレス鋼の等級304Hは高温が利用できる適用に鋼鉄を利用のためにより適したようにする高炭素の内容を含める。この等級の利点はそれがオーステナイトのクロム ニッケルの鋼鉄合金、またより大きい炭素分高められた抗張および降伏強さに配るためにであることである。材料は等級の耐熱性特性のために525° Cの上の働くサービスのASMEの圧力容器の利用のために推薦される。

プログラムの貯蔵

  • サイズの範囲:1/4の″ |より大きい36 ″ NPS (利用できる要望に応じて大きさで分類する)
  • スケジュール:10、10s、40、40s、80、80s、120、160 (利用できる注文の壁厚さ要望に応じて)
  • ステンレス鋼の等級:304、304L、316、316L、316L、317L、321、347
  • 特別な合金:2205、254SMo、Monel、Inconel
  • Chrome Moly:P5、P9、P11、P22、P91
  • 標準:ASTM/ASME

化学成分

要素 C Mn Si P S Cr NI N Fe
304 0.07% 2.0% 0.75% 0.045% 0.03% 17.5~19.5% 8.0~10.5% 0.10% 残り
304L 0.03% 2.0% 0.75% 0.045% 0.03% 17.5~19.5% 8.0~12.0% 0.10% 残り
304H 0.04~0.10% 2.0% 0.75% 0.045% 0.03% 18.0~20.0% 8.0~10.5% - 残り

 

機械特性

等級

 

引張強さ

(MPa)

 

 

降伏強さ

0.2%の証拠

(MPa)

 

延長

(%in 50mm)

硬度

ロックウェルB

(HR B)

最高

Brinell

(HB)

最高

304 515 205 40 92 201
304L 485 170 40 92 201
304H 515 205 40 92 201

 

溶接されるの利点

  • 溶接された管は継ぎ目が無い等量より普通費用効果が大きい。
  • 溶接された管は通常継ぎ目が無いよりすぐに利用できる。継ぎ目が無い管に必要なより長い調達期間はだけでなく、タイミングを問題となるようにすることができるがまた変動する材料の価格のより多くの時間を認める。
  • 溶接された管の壁厚さは一般に継ぎ目が無い管のそれより一貫している。
  • 溶接された管の内部表面は継ぎ目が無いと可能ではない製造する前に点検することができる。

溶接されるの利点

  • 継ぎ目が無い管の主要な感知された利点はそれらに溶接継ぎ目がないことである。
  • 継ぎ目が無い管は心の安らぎを提供する。そこに評判が良い製造業者が供給する溶接された管の継ぎ目が付いている問題べきであるが継ぎ目が無い管は弱い継ぎ目の可能性を防ぐ。
  • 継ぎ目が無い管に溶接された管よりよいovalityか円形が、ある。